スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

節分と、豆まきと、その思い出…及び恵方巻きの関係。

本日は「節分」です。

僕が子どもの頃は…

居間~玄関口までをキレイに掃き掃除したのち

豆の入った一升枡を抱え

「鬼わぁ、外ぉ~…福わぁ~内ィ~…」と、声高らかに豆を撒き…

…のち、再び散乱した豆達を掃き集め(撤収、極めて速やか。笑)

掃き集め損ねた(というか、掃き残した)「畳の上の豆」を弟と一緒にコッソリつまみ食いして

キッチリ母親に見つかり叱られる、というお決まりも在ったりして。笑

おばあちゃんの「ほな、歳とるでぇ~」の合図で

家族みんなで『それぞれの、数え年の分だけ(この豆を数えるのは父親の担当でした。)』豆を食べる、という行事が執り行われていました。

そういえば、毎年

「おばあちゃん、こんなようけ食べられへんわぁ。(70粒オーバー、ですからね。笑)」

と言いつつ、きっちり全部食べ尽くす祖母の図(笑)もあり

なんだか、和やかな光景だったことを思い出します。

そして、最近は…

■恵方巻き

などという、様々な福(具)を巻き込んだ、海苔巻き寿司を

「恵方」と呼ばれる方角を向き、黙って1本丸カブリする、という

「そんな話、今まで聞いたこと無かったでー。」という行事もあり…

「豆まき用」なんでしょうか?

数粒ごとに細かくパック詰めされた豆が売り場に並び(撒いても拾い易くて、そのまま食べられる、ってコトなんでしょうね。)

「子どもが、撒いた豆を掃き掃除する必要も無くなったんだなー…」などと

ちょっとだけ寂しい気分になったりもします。

とはいえ。

僕らの子どもにとっては、これが「節分の行事」として思い出になるのかな?と考えれば

これもまたこれでイイのかなー。

ま、僕は「おしゃべり&自分勝手」なもんで

恵方巻き食べる時、恵方も向かなければ話もしちゃいますがねー。笑

いづれにせよ

「本年も、家族みんな元気で過ごせますように…」

スポンサーサイト

2012.02.03 | | 営業日誌?

«  | HOME |  »

管理人『なごみつを。』

なごみつを

Author:なごみつを
和歌山市、福島にある
~居酒屋ちょっとBAR~
   【なごみ屋】です。
店主-みつを。が、
  想いのままに綴る
     『独り言』です。
  どうぞ、ヨロシク…
073-453-2292

お客様の、足跡。

2006年4月21日-13:00 ~踏み初め~

ドンドン踏んでね。 …踏み荒らし?は、 ご遠慮ください。笑

『暦~こよみ~』ですな。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

つながり紹介!の、コーナー。

管理人、なごみつを。が、 つながりある (本人の思い込み、含む。) 面々を、 『勝手に』紹介。

このブログをリンクに追加する

いままで、綴ってきた『独り言』たち、です

過去の「独り言」を、覗いてやってください。 ↓クリック↓

全ての記事を表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。