スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ま、どうでもいい、話。

私、なごみつを。は、なごみ屋を始める前、それはもうアチコチで働いていました。
その内のひとつに「セ○ンイレ○ン」が、ありまして。
深夜、そうみんなが寝た頃に、「おはようございます」とかなんとか、全然『おやすみなさい。』言いたい気持ちなのを抑えて、仕事してました。
…で、そこの店長さんが「…誰か、昼間働いてくれるヒト、おらんかなぁ…」と、つぶやいているのを聞き「ウチのカミさんで、良ければ。」と紹介したのをきっかけに『夫は深夜1時~、奥様は昼の1時~』同じお店で働いていました。(実話です。)
奥様に至っては、ご存知の方は、ご存知でしょうが『引っ込み思案な、あの性格』なので、人手不足に困っているお店に対して「辞めます。」と、なかなか言い出せず、
「なごみ屋」⇔「セ○ン」の掛け持ち状態のまま1年以上(!)…そうです、昨年2005年末いっぱいまで、働いていたんです。(あぁ、頭があがらない。いやマジで。)
…そして今日、おでんやら、何やらを『某セ○ン』さんへ買いに行って、思い出した、奥様の話。
~「あのね、今日お客さんに、ややこしい商品注文されて…」
~「なに?」
~「肉まん。」
~「普通やん。」
~「それがね、そのヒト【オトナの、肉まんひとつ。】って、言うんよ。」
~「…は?」
~「何回聞きなおしても、同じ事言うから【どちらですか?】って、ゆび指してもらったら…
20060327132617.jpg

~…【おおいりジューシー肉まん】やったんよ。」
~「…」
ショーケースで見かけて、また「ふっ」ってなりまして。
でも、そのヒトの想像する「オトナの肉まん」には、どんな具がはいってるんやろう?…

スポンサーサイト

2006.03.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | なんてない、独り言。

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

管理人『なごみつを。』

なごみつを

Author:なごみつを
和歌山市、福島にある
~居酒屋ちょっとBAR~
   【なごみ屋】です。
店主-みつを。が、
  想いのままに綴る
     『独り言』です。
  どうぞ、ヨロシク…
073-453-2292

お客様の、足跡。

2006年4月21日-13:00 ~踏み初め~

ドンドン踏んでね。 …踏み荒らし?は、 ご遠慮ください。笑

『暦~こよみ~』ですな。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

つながり紹介!の、コーナー。

管理人、なごみつを。が、 つながりある (本人の思い込み、含む。) 面々を、 『勝手に』紹介。

このブログをリンクに追加する

いままで、綴ってきた『独り言』たち、です

過去の「独り言」を、覗いてやってください。 ↓クリック↓

全ての記事を表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。