スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

最近つくづく偉そうな自分。

いつもいつも、お越しいただきアリガトウ。
心からそう思う。
しかし、
「お客サマは神様です。」とは思わない。
どこまで感謝の念は深くなっても
「お客サマは、お客サマ。」である。
この考えに至るまでは、何処かで聞いたかなんかで「お客サマ=神様」的な考えも確かに持っていた。
でも、じゃあお客サマが
【この盛り付け、こうしろ。】とか
【このオリジナルカクテルには、このリキュール(酒)使うべき。】とか
【店内の飾りに、こんなのが無いのはおかしい。】とか
【BGMは、やっぱりこれやろう?】とか…
いろいろ言って来られた時、いちいち
「はい、かしこまりました。」ってやってたら
一体、誰の店やねん!!…ってなる。
そういうのは意見として参考にさせて頂く、というのが本分であり、鵜呑みにしていてはいけない。
そう「お客サマに依存していてはいけない」のだ。
【信念】という名の1本の槍を胸に持っていなければ、お店の個性(キャラクター)という一番の売りが、お客サマの意見で「アッチへふらふら、コッチへふらふら」という結果を招く。
あー、怖い。そんなんなったら、間違いなく店閉めるな、僕。笑
…だから、では無いが僕は良く
お客サマに意見するし、
時には説教することもあるし、
場合によっては声を荒げて怒ることもある。
まぁ、怒るってのは「よっぽどの相手に限定」されるが。
なので、店主に説教されたお客サマ、そういうことです。
店主に怒られたお客サマ…あなたは僕にとって「それだけ身近で、信頼がアツイ」ってことです。(ん?余計なお世話ですか?すみません。笑)
…で、今日もあちこちでプチ説教しちゃいました。
「あ。このヒト、言ったら判ってくれそう。」って思ったが最後、みつを。の餌食。
たとえ初めてお見えいただいた方にでも、語ってしまう。
長い付き合いのお客サマだからこそ、怒ってしまうこともある。
「なんだ、コイツ」と思われたとしたら…そうアナタは悪くない。店主とウマが合わない、それだけ。
店主が、そういう奴だ、と。
そういうことです。
あぁ、なんてマイ・ウェイな僕。笑

スポンサーサイト

2006.07.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 営業日誌?

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

管理人『なごみつを。』

なごみつを

Author:なごみつを
和歌山市、福島にある
~居酒屋ちょっとBAR~
   【なごみ屋】です。
店主-みつを。が、
  想いのままに綴る
     『独り言』です。
  どうぞ、ヨロシク…
073-453-2292

お客様の、足跡。

2006年4月21日-13:00 ~踏み初め~

ドンドン踏んでね。 …踏み荒らし?は、 ご遠慮ください。笑

『暦~こよみ~』ですな。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

つながり紹介!の、コーナー。

管理人、なごみつを。が、 つながりある (本人の思い込み、含む。) 面々を、 『勝手に』紹介。

このブログをリンクに追加する

いままで、綴ってきた『独り言』たち、です

過去の「独り言」を、覗いてやってください。 ↓クリック↓

全ての記事を表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。