スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

はろー。

最近、カテゴリー的に
【なんてない独り言】が多い店主です。
別に、だからといって「なんてない日々」が続いているわけではありません。
ある意味、毎日が刺激的で、楽しくて…
だからこそ此処に「書く。」という表現方法で綴っていくべきではないことや、綴りきれないことが多いんです。
今日も、お客サマから
■みつを君の頭の中って、一体どんな感じになってんの?
的な質問を受けました。
これに類似の質問、良く受けますので、此処でまとめて回答しましょうかね。


僕は多分…地球人じゃないので(笑)一般的に皆サマが想定されてるのと違う思考・嗜好的観点から物事に向き合い判断してるようです。
アタマの中が、どんな感じか?って言われると、
『宇宙のような空間が、ず~っと遠くまで広がっていて、遥かムコウに強く明るい光があって…そこに向かいつつ、アチコチでチカチカしている光の在り処を寄り道しながら、終わりそうもない旅をしている』感じです。

つまり、変態ですな。笑

スポンサーサイト

2007.02.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | なんてない、独り言。

質問責め。

『ただいま~。』と、娘たちが帰ってくる、と。
「ねーねー、これって○○なん?」
「これは○○なんやろ?」
「おとうさん!○○ってなんで○○なんやろなぁ?」
…などなど、毎日毎日質問の嵐。
好奇心、という奴でしょうか、どこからそんなに疑問・質問が出てくるの?って感じですが…
きっと僕もこんなんだったんでしょうね。
…いや、もっとヒネくれてたかも。笑
なんにせよ、大人(の、つもり)の僕らも「はっ?!」っとするような質問もあります。
『お金って、誰がつくるん?』
→『お金つくるのがお仕事のヒトたちよ。』
→『じゃー、そのヒトたちは自分のお給料自分でつくるん?』
→『…いや、それはそのヒトたちにお仕事頼んでるヒトから貰うんやで。』
→『…ふーん。…じゃ、そのお給料あげてるヒトの分のお給料は何処から出てくんの?』
→『……お金をつくるっていうお仕事を、そのヒトにさせてるヒトから、かな。(あー、判りづらい。笑)』
→『…めんどくさいなぁ。自分の分は自分でつくったらエエのに。』
→『??それやったら、そのヒトいっぱい自分のためにつくってしまうやろー?そんなん、ずるいやろ?(ん?なんで反対にコッチが質問してんのやろ?)』
→『え?でも、お父さんも私らのゴハンお店でつくってくれるやん。【このほうが世話ない】とか言うて。笑…あれはずるく無いやろ?』
→『……確かに。』

…などと、なんだか最後にはこっちが納得させられてしまったりもします。
やわらか~い、柔軟な考え方・思考方法、僕もいっぱい見習ってます。
こどもを育てる!なんて言いますが…
実際、こども達は自分で育ってるし、反対に育てられてる所も多く、だからこそ【楽しい】んですね。

2007.02.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 家族の、コト。

おれ、おまえ、すき!(『サルでも判るラブソング』より。)

…っとまぁ、タイトルにあるのは「シンプルすぎて笑ってしまうくらい判りやすくアツいメッセージを、大真面目に叫び・世に問う某BANDの名曲」ですが。
みんな、この気持ちを持ってお互いに接していればシアワセな世の中になるのになぁ…などと、ちょっと変わった視点からこの歌詞を読んでみました。
■おれ、おまえ、すき。
と言えるウラには「こんな事伝えてる自分のことも好き」って気持ちも少なからずあって…
【I OK、 You Ok】
~私も、あなたも、イケてます。~
という、無条件に肯定的なメッセージが秘められてるような、そんな気がします。
好き!と言われれば、誰しも嬉しいものです(ま、程度にもよりけりで…過ぎたるは何とやら、ですが。笑…これ、ホント贅沢な話)
つまり、【好き!】→【僕も(私も)好き。】→めでたし、めでたし。
ウラを返せば
【嫌い。】→【こっちも、嫌い!】→あー、なんて険悪なムード。
…ってな具合で。
なにを言いたいのか?というと、つまり…
■お互いを認め合えるような人間関係を育めれば、そこには(なんらかの)シアワセがあるんじゃないの?
って、ことです。

…うーむ。なんか僕、またまた偉そうやなー。笑
あくまで、独り言ですので。
…などと、ちょっと甘えたりも、する。爆

2007.02.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | なんてない、独り言。

もう、1週間経ったの?

あらまー。
確か先週
「休みの日の日記更新、大切や。」
などと此処で書いた気がするのは…もう既に1週間も前の話なんですね。
はやっ!
うかうかしてると「じいさんになる。」ぞ。
それも、何のとりえもない、じいさんに。
…それはヤダ。
というわけで、今日も目標立てて。
「なんか、一個はヤル」ぞ、と。
何をヤルか、は…そっとしといてください。笑
とにかく、前へ進みたい!ですね。

2007.02.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | なんてない、独り言。

今日は、はやく出かけます。

僕はいつも、このブログを楽しみに書いてます。
そして今日も…
…ですが!
本日はアチコチにお買い物に行く予定があり…
早速「いってきまーす」
ということで、ネタもオチもないまま
■お出掛けします。
ではでは。
追伸:先日「フレア、やるぞ!」と勢いで(笑)DVD購入→奥様と一緒に観賞→実は奥様もフレアの練習中。…なんですねー。
キーボードを叩く僕の後ろで「うわ!」とか「…おー!出来た。」とかつぶやきながら瓶を投げてます。
夫婦でなごみ屋カウンター内で【タンデム・フレア】とかお見せ出来たら…それはそれは楽しいだろうなぁ、と思います。

…とはいえ。
まだまだず~っと先の話ですがね。笑

2007.02.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | なんてない、独り言。

気分、ヨシ。

この、気分って奴はホント微妙で、でもすごく大事です。
上がるか、下がるか。
まさに、自分自身のコントロール。
もちろん、周りの環境・置かれた状況(シチュエーション)
その時の体調、精神状態…などなど。
しかし!
こいつら、外的要因の「せい。」だといって、投げ出してしまったら
■結局、損するのは自分。
であって…だからこそ、全ては自己責任、かつ自分で何とか出来る事情であると解釈して「周りの、おかげ」だと(強引に?)納得してしまうコトにしています。


だから

今日も、とっても気分がいい!
です。笑
さぁ、でわでわ…いってきます。

2007.02.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | なんてない、独り言。

周期的なもんです。

一ヶ月のうちに、周期的にやってくるんです。

肌の調子の悪い時期。
なんか、カサカサとカユイような痛いような…
僕の場合『手』は結構慢性なんですけど、時期的に『顔』にも荒れがやってきます。
奥さんには「なんか、魔法使いのおばあちゃんっぽい。」と笑われたりします。
…が、本人はネタじゃないのであんまり笑えません。笑
まぁね、同情されて「かわいそう~」などと言われるよりはよっぽどマシですが。
肌荒れを抑える術も、最近は判ってきてるんです。
■睡眠をしっかり摂る
これです。
判っていても…寝るよりやりたいことがある!なんて事多いでしょ?
なのでなかなか…
そーは言っても「体調管理」は社会人・サービスマン・芸人としてやっぱ基本ですから、十分気を付けます…はい。

2007.02.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 体験談たち

あ。2000アクセス超えた。笑

今日、ふと自分のブログの
アクセスカウンター見ると
「20000アクセス超えてるやん。」
と、我ながらビックリしてしまいましたよ。
カウンターの近くに書き残した
~4月21日からスタート。~って言葉から…
「うわー。丁度10ヶ月で20000アクセスやん。…ってことは1ヶ月平均2000アクセスかぁ…すげー。」
ま、うち自分のアクセスが1日2~3回X30日=60~90アクセス/1ヶ月ありますけどね。笑
差し引いても、1日平均60アクセス…ありがたい話です。
こんな時、思い出すのが
■継続はチカラなり。
という名言ですね。
なんでも続けるのって、大変パワーの要ることです、はい。
これからも、商い同様「コツコツと。」続けていこうと思います。

…感謝

2007.02.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | なんてない、独り言。

カウントナイン、という場所。

今日、なごみ屋下のスタジオ『カウントナイン』に、嬉しいお客サマ。
そう【お客サマ】が来てくれました。
先日、なごみ屋での会話の中で
「…ベース(ギター)欲しくて買ったんですけど、弾き方があまりに判らなさすぎて。」
って言葉に敏感に反応→スタジオカウントナインのチラシ&名刺を渡して宣伝したかいがありました。
まぁ、僕もヒトサマに教えられるほど上手なわけでは決してありませんが…
楽しんで楽器を触るキッカケづくり、くらいはできるかな?と、一緒にプレイしました。
結果、なかなか楽しんでもらえた様子で、僕もとても楽しく時間をすごせましたよ。(ま、あまりに楽しみ過ぎて、なごみ屋の営業開始時間にまで割り込み…奥様に『ゴルァっ!何しとんじゃ?おんしゃー!』と、お叱り受けたのは反省すべきですが…苦笑)
カウントナインという場所を創って以来、実に1年以上…やっぱり、創ってよかったなぁと、しみじみ感じます。
なんでもそう。
キッカケがあって、ものごとって始まりますが、そのキッカケになるって嬉しいもんで。
また、そういうキッカケというか絆みたいなものを与え&与えられる事によって、僕みたいな人間は生きてるわけでして…
いいなぁ、いい。実にイイ。
今年2007年は「店主みつを。…此処へきてようやく商売人デビュー」と感じさせられるくらい、商売(≒自分の生き方)に対しての何かが少しづつ見えてきたような…そんなキッカケ&絆&ツナガリいっぱいの年。
瞬間、瞬間を大切に…楽しんでいきます。

2007.02.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 結構、まじめな話

フレアって、言葉。

今日の独り言、ほんと個人的で長いです。笑
お付き合いいただけたら…それはそれは嬉しいですけど、オチありませんので。念のため。


さて、かなり古い映画ですけど…
『カクテル』っていう、トム・クルーズ主演の名作がありまして。
映画中でお酒の瓶をくるくる回したり、音楽に合わせて二人のバーテンダーがカクテルをつくったり…
それはもう「すげー!」「かっこいい。」という世界でした。
そして今、僕は居酒屋ちょっとBARで店主をしています。
もしかすると、というか恐らく「カクテルの持つイメージに対する憧れ」が強く…心の何処かにあるんだと思います。
最近お客サマたちと話すなかで、そんな昔観た映画の中の「瓶を回したり、投げたりすること」を
■フレア
というんだ、と聞きました。
調べると…
①粋な②スマートでお洒落な
という意味(他にもありましたが、此処ら辺の解釈が耳ざわり良かったもんで。笑)でした。
そして、フレアー・バーテンディングという言葉にも出会いました。
これには「楽しませる」とか「惹き付ける」とか「魅了する」といった意味があり、
■フレアー・バーテンダー=ショー・バーテンダー
まさに、お客サマを楽しませることに道を見出す…そういう響きを感じました。
あるショー・バーテンダーさんのHPでは、自らを「笑バーテンダー」だと言い、芸人であると言い切っていました。
…かっこいい。
この価値観、僕にはとってもかっこよく感じました。
いつか、というか近い将来、自分も「僕は、芸人です。」と言えるバーテンダーになりたい。
いや、なる。
ネットなんかでフレアの動画を見ると、当時映画『カクテル』でトム・クルーズが演じていたフレアとは比較できないほどレベルの高い…まさに『芸術』の世界がそこにはありました。
道は遠いですが、だからこそやりがいもありそうで…
精進します。

2007.02.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | なんてない、独り言。

最近サボりがちな…

この
■日曜日=仕事がお休み…のブログ更新しない。
の流れを断つべく、今日はパソコンをON!しました。
だからといって…
まぁ、いつもと変わらず『ぐて~』っとした雰囲気なワケで、気の利いた言葉も、風刺の効いたエッセイも、浮かんでくるワケもなく…
とにかく、書くんだ!という気持ちだけがあります。


あー。
そんなこんなで、この辺で。

さぁ、ドロウのライヴに行くとするかぁ。

2007.02.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | なんてない、独り言。

なごみ屋なりの…

ウチの店なりの、ワインの楽しみ方発見しました。(発見て。そんな大層な)
まず
■グラス売り、赤・白ともに、一杯380円。
…銘柄がどうの、ヴィンテージがどうの、っていう楽しみ方は、他のお店にお任せします。笑
まずは「飲める(置いてる)のかい?」って処を「どうぞ。」って言えるようにしよう!と、いう考え方ですな。
■ワイン・カクテルのススメ。一杯450円~
…普通に30種類近くのNonアルコールシロップを在庫している、なごみ屋ならではの『フレーバード・ワイン(もどき?カクテル?笑)』を、あなたのお好みに合わせて御提供。
  例)フランボワーズ(木いちご)、キウイ、パッション・フルーツ、メロン、ブラッド・オレンジ、ピーチ…うーん、いっぱいあり過ぎ。爆
勿論、ワインと各種リキュールとの相性も、ご紹介しますよー。

…いかがです?
なんか、ちょっとワクワクしてきた~。(←お前がワクワクしてどうすんねん。お客サマをワクワクさせなさい!笑)

『こんなん、どうでっしゃろ?』ってご提案も、どしどし募集中!です。
よろしく。

2007.02.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 営業日誌?

何回か、書いてますけど…

本日、またまた
■授業参観日
でした。
で、以前から思ってはいた事ですが、
僕のこどもの頃には無かった授業形態ですね。
…?無かった?あったけど忘れた?笑
なんにせよ
【机で丸く囲んで場所をつくり、発表する】
その内容も【なわとび】とか【うた】とか【ダンス】とか…
まさに自由。
で、発表の瞬間、そのこどもの性格・人柄なんかがストレートに判るんです。
ニコニコと終始満面の笑顔の子、やたら緊張してる子、すましてスカした感じの子、嫌がって逆ギレする子、恥ずかしさを隠すために「しんどい」とか言ってしまう子…
色々居ます。
そして、相手がこどもなだけに、その気持ちが「とっても」見えてしまうんです。
面白いですねー。
僕もあんなんやったんかな?

もっと、ひねくれてた様な…笑

2007.02.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 家族の、コト。

春一番、だったのかしらね?

そーいえば、昨日【風強かった】じゃないですかー?
あの風くんのPOWERで…
なごみ屋の前のサイン・シート(白地に黒文字で『なごみ屋』って偉そうに書いてるアレ、ね。)のリングが…ぐにゃぐにゃ!に、なってました。
こんな感じで。
20070215160519.jpg

…あ、元がどんな感じか判らんすよね?
じゃ、一個だけ生き残った『ツワモノ』とともに画像をお届け致しましょう。

20070215160656.jpg

…ね?
比べると
■風くん、どんだけサイン・シートにヤカラ言うていったんなよ?
って、つぶやきたくなったでしょ?(え?ならないですか?すんません)



ま、それだけなんですがね。笑

2007.02.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | なんてない、独り言。

こども達の笑う声と、目の前のチョコレート。

学校から帰った子ども達から
『はい!お父さん。』
と渡されたチョコレート。
微妙にはみ出したり、若干型崩れしたり…
「これ、一生懸命つくったんやろうなぁ。」と、見るだけで判るプレゼントでした。
そーいや、今週アタマの月曜日(祝日)奥様&娘達が「お父さんは、まだ寝てなぁーよ!」とか言いつつ、三人でコソコソ(っていうか、何やってんのかは判ってたけど。笑)わざわざなごみ屋まで出向いて作ってたのが、これですな。
娘もこんなん作る歳になったんやなぁ…とか、しみじみしながら外でキャッキャ言いながら友達とはしゃぐ声を聞いている、今日の僕です。
やたらと「ビュービュー」強い風が吹いていた今日…ですが、それも急に静かになり
■春一番、だったのか?
…と。
なんだか詩人な気分を楽しんだ店主でした。

2007.02.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | なんてない、独り言。

こんな日は。

うーむ、何も特筆すべきことが思いつきません。
だから
「とりあえず、キーボードを打ってみる。」ことに。
すると…
…ん?
僕、このブログ毎日書くようになってから
■若干、若干やけど、文字入力するのスムーズになってる。
と。
そんな小さな発見がありました。
モチロン、画面をみながら打つ!(ブラインド・タッチ?とか言うんですか)なんて事はできませんが…
以前は「アタマに浮かんだ言葉を表記するのがもどかしい」事、多々ありましたが、今はペンで書くよりもスラスラと書き出せるようになりました。
そーそー、僕「字、かなり汚い」んです。
字が汚いのって、自分の書き出した字を眺めるだけで…ストレスになるんで。笑
『あ。此処の表現変えたい』なんて読み返した時に修正したくなった時も、手書きだったら『まーいいか。』と、まず直さないし。
いやー、便利便利。
…と、隣で娘が「漢字の書き取り」の宿題やってます。
この子らが大きくなったら、ますます直筆ってする機会減るんやろうなぁ…と。
こんなん言うたら『じゃ、私書き取りやぁーめた!』とか言い返されそうなんで、決して言いませんがね。笑
キーボードで打ち出すのも、直筆で書き出すのも…ひとつの文化。
どっちがイイ、とかじゃなくて、どっちも出来るがベターなんでしょうね、多分。

…あ。
結構、書くことあるやん、やっぱり。笑
ここで一言
■常になんかあるやろ?って考えることにしよう。なんもない!と思ったら、そこでホントに終わってしまうから。

2007.02.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | なんてない、独り言。

イオンは広いな、大きいな。

…などと、どこかで聞いた唄のようなタイトルで始まりました、この独り言ですが、何か?笑
それにしても、りんくうのイオン「でっかい。」ですね。
店主は、東北で働いてた時に、あちこちのイオンに出入りしてましたが、まーこの【りんくう店】は大きいです。
…なのに。
■クルマ停めることすら、ままならねーじゃねーか、このヤロー。
と、思わずぼやいてしまうほど、沢山のお客サマでした。
で、いざ店内に入っても、やっぱりヒトは多かった。
時間が時間(14時半頃)だったので、今日は待ち無しでゴハン食べれましたが…
こんなに多くの飲食店があって、こんな時間なのに何処も「ほぼ満席」ってのはどーゆーこと?笑
スケールメリットというか、商売にも色々あるってこと判ってたけど目の当たりにしましたねー、再び。
とにかく、お買い物&目の保養&リラックスをして、明日が祝日ってこともあり子どもの睡眠時間などにも配慮せず(おい。そこは配慮しろよ、父親。爆)ゆっくりしました。
帰ってきてから「ぼー」っとDVD観て、就寝。

…ん?
なんか最近、ゆっくりしてんなぁ、僕。
ま、いいか。こんな季節の味わい方も、ね。

2007.02.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 体験談たち

ほとんどの方には、どーでもいい話

今日、本読みました。
勢い良く読みました。
買ったのは…確か2~3ヶ月前ですが、いきなり「読もう」と決めて一気に読みました。
そこに書いてあった、興味深い話。(←ここ。あくまで僕が興味深いだけかも。笑)
■商売されてる方、お客サマが離れてる状況を、みすみす見逃していませんか?
…そんなつもりは毛頭ないぞ!と思いつつ読んでましたが…
読めば読むほど「うーん…離れて行ってる現状あっても、気付いてないかも。」と背筋が寒くなりました。
この本いわく
■初めてのお客サマ、2回目のお客サマ。この方たちが3回目以降もまたご利用いただけるまで安心は禁物。いわゆる「お客サマの流出」はこの段階で起こっています。
…ふむふむ。
■鉄は熱いうちにうて!の通り、お客サマに好印象を与え「掴む」ためには、この段階でのアプローチに心を込めてください。
…ほほう、なるほど。
■さらにお客サマは、ご利用がかさむ度に「目が利く(満足していただく為のハードルがあがる)」ようになり、均一的なサービスでは「当然、満足してもらえなくなる」ことが明らかです
…!!確かに。

いわゆる「リピーター様の確保」のためには、もっともっと気を配らなければならないということですな。

甘い、甘かったなぁ、僕。
さらに精進です。

2007.02.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 結構、まじめな話

奥…ふかいね。

お客サマに提供する『Drink』
生ビール~Nonアルコールまでいろいろありますが、今回考えてるのは
■ワインの話
お客サマの中には「グラスで。」とか「白ワインっぽいカクテル」とか、ずばり「ワインを使って何か」とかオーダーされる方がいらっしゃいます。
今までは「ワインはボトル売りだけになりますので…少なくともこのボトル分のお代金は頂戴する事になりますが。」と答えていました。
色々と考えた結果「なごみ屋にワインは無い!で通すか…劣化の少ないバッグ仕様のものを使うか。」に答えが絞られ、今回
■グラス売りも可能で、劣化も少ない(とされている)バッグTypeのワインを使ってみる。
ことにしようかな?と。
ここで、いくつか商品見積もったのですが…いやー、ホントにワインっていうお酒は奥が深い。いや、深すぎる。
今の時点で素直に「僕には判らない」ので、まぁ試してみようかな?という感じですかね。

2007.02.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | ちょいと、耳寄りな、NEWS。

どこへ向かおう?

…って、旅行とか、そんな話ではありません。
自分で商売やってると
■なんでも出来る
けど、それは自分の身の丈やスタイルを理解したうえで、あくまで「自分の責任で」なんでも出来るっていうことで…
そのスタイルの自覚がない者、自己分析の出来ない者にとっては…
これほど「どこへ行こうか?何をしようか?」と迷う事もないんじゃないかなぁと思います。
だって、誰も教えてくれないわけですし…
もしも誰かの教えや考えに沿って、その上リスクを背負って商売するくらいなら
「誰かに雇われた環境のほうが、よっぽどいいんじゃないの?」なんて思うんです。
幸い、今の僕には明確に「こっちの方向へ行きたい」とか「こういう事がしたい」という目標があります。
ほんとにシアワセで、でも自分で商売するなら当然の状況だと思ってます。
こういう「進むべき道」や「目標」が見えなくなったら…
そーですね、明確な目標が見えている誰かのもとで働かせて貰えるように
■働くスタイルのベクトルを変える。
でしょうね、きっと。

なんか、ちょっと重いですか?今日の話。笑

いやいや、昨日お店に来てくれたお客サマが「商売始めたいんです!」って言ってまして。またまた僕、偉そうに(笑)語ってしまい…
「あ。これって、自分に向かって言うてる。」と実感したもので。
たまには、ね。
『道無き道を行く、終わり無き旅』
をしてるんやで!って感覚、思い出して噛み締めておこうかな?と。

2007.02.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 結構、まじめな話

知ってます?

いま、店主は友人から
『デスノート』って漫画を借りて、読んでます。
先に映画(前編のみ)を観て、面白かったので喜びいさんで借りましたが…
やっぱり、原作のコミックスのほうが圧倒的に面白いですね。
まぁ、全12巻…しかも相当なテキスト(文字)の量で、まさに「ぎっしりと」詰まったその内容を2時間程度の映画2本分では中々表現できないでしょうから、当たり前といえば当たり前なんですが。
さて、この物語に出てくるノートに
■対象者の顔を認識したうえで、本名を書くと…その対象者は死んでしまう。
…のですが。
こんなノート、もし僕が拾ったら…
うーん。
拾ってみて、狂ってみないと正直どんな行動に出るか判りませんねぇ。笑
少なくとも、この物語の主人公のような使い方は出来ない!ということは断定できますがね。
この主人公、頭良すぎ!なんですもん。
みなさんも、まだ読まれてなければ是非。

…って、なにオススメしてんねん。
すんません。どーでもいい話で、しかもオチも無し。笑

2007.02.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | なんてない、独り言。

自慢話です。

ストレートな書き方ですが、娘自慢です。笑
上の子(現在小3)は、小1の夏休みに「スイミング、やってみたい!」と言い出しまして…
その時「スクール短期体験」みたいなのをキッカケにスイミング・スクールに通い始め…以来休むことなく楽しんで泳ぎに行ってます。

そんな娘が、つい先日「お父さんみてー。あやの16級になったで。」
!!
16級?!
確か1級から始まって、一通り泳げるんが12級って言ってたのに。
軽く通り越して、すでに16級とは。
たまに様子を観に行くと、確かに達者な泳ぎっぷりです。
オヤジは(…僕のことですね。念のため。)
■まったく泳げない。
…というのに。(自慢では無いですね。これまた念のため。笑)
面白いもんですね。
全く親バカな話ですが、やっぱり嬉しいもんは、嬉しいです。
ともあれ…
自分も「ウチのお父さん、ちょっとエエやろ?」とか娘たちが友達に自慢できるくらいのポジションには居たいもんです。


がんばろー、僕。笑

2007.02.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 家族の、コト。

一年に一度の心の洗濯日。

土曜日の営業終了後…
日曜日の朝9時~かつらぎ町にある母校「笠田高校」にて(だから、寝てたら間に合わない。笑)
■卒部式
に参列してきました。
店主の今のスタイルのルーツになった少林寺拳法部の伝統的な式典です。
毎年、卒業~進学・就職してゆく3年生部員を送り出すもので…
巷で「厳しく、険しく…でも温かくて、熱い」と噂の我が部ならではの『感動の涙』が見られる、とても心の洗われる式典です。
今でも思い出す、あの3年間の稽古、稽古、また稽古の日々。笑
そりゃもう、しんどかったですよー。
しかし、辛いとか辞めたいとか思ったことは不思議と無くて…
この時ですね。
■やりたいことを、信じてやり続けること
の、大変さ&しんどさ&楽しさ&清々しさ…などなど、いわゆる「僕は、こう生きたい。いや…生きる。」というスタイルを見つけたのは。
こういう気持ちを教えてくれた先輩は、今も「笠高少林寺の鬼監督」として涙をこらえて(流れてた?笑)ました。
まさに「鬼の目にも涙」です。爆(こんな事言えるの、ヒトツ下の後輩である僕くらいかも?)
今年も5名もの素敵な卒部生を送り出し、爽やかな気分を戴きました。
まさに、初心忘れるべからず!ですね。
僕も、鬼の送り出す数多くの「手ごわい後輩たち」に負けないように(笑)やりたい事やり続ける為に精進し続けます。

2007.02.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 結構、まじめな話

あったかい。

最近、お店にお見えになるお客サマから、来店即
「うわぁ~。あったかーい!」と、ホッとした安堵の表情とともに、こういう言葉をかけて貰えるようになりましたね。
お店の外が、それだけ寒いってことですが…
お客サマに快適感を味わってもらえるだけでも、こちらにとってはシアワセですね。
これが夏だと「涼し~い。気持ちいいわぁ!」になるんでしょうけど。
僕にとっては…
■年中、快適。
なところで商売してるわけで、お客サマにとって「喜んでいただけたようで、光栄です。」というのもモチロンですが「いいでしょう?僕はいつも、こんな快適空間でお客サマをお待ちしてるんですよっ!」と、ちょっと自慢な気分を味わったりも出来ちゃうんです。
…いいでしょー。(ん?そーでもない?笑)
とはいえ、こういった気分を味わえるのも
■お客サマにお越しいただけるからこそ。
であって、自分はその瞬間、なぁ~んにも偉くないわけで。笑
その辺り勘違いしないように、注意&用心しないと、ね。
今日も一人でも多くのお客サマに「あったかい」雰囲気を味わっていただけるように…
当たり前やけど、そういう「当たり前なこと」を続けるのって結構大変で、そのちょっとした大変さと引き換えにシアワセを手に入れる…という感じですかね。
がんばろ。

2007.02.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 営業日誌?

ボトル。

お店で買った愛読書
『バーテンダーズ マニュアル』ってのを読み返していて…
○お店の商品たるボトルは、専用タオルで磨き上げ、拭き終わった後は必ずカウンターの外に出てラベルの向きや配置が誤っていないかチェックする。
…ふむふむ、なるほど。
○その時、おもむろに磨き上げられたボトルの肩を眺めてみよう。ツヤツヤとした輝きを放つその姿をみれば、おのずと商品価値を高めていることに気付き、毎日でも磨きたくなるはずである。
…うーむ。なかなかナルシストな話やな。笑
○ボトルは毎日酒棚からおろして磨くのが最善だが、場合によっては2~3日に1回でもよい。ただし、週に一度くらいしか磨かない店では、営業する資格がない
…!!なんと?!では、ウチは営業資格無しかっ?爆

確かに、磨いた後のボトルはホントに綺麗で、すがすがしいもんです。
でも、毎日磨くとなると…その為に早く出勤して、磨く!と。
慣れたらなんてないのかも知れませんが、やはり正直な話「ちと、おっくう」です。
毎日磨かれてるお店もあるんでしょうけど、スゴイなぁと思います。
「もっと、他にもやることあるやろ?」とも思いますし…
クリンリネスという面で、大切な心掛けだと思いますが「優先順位」的にこのボトル磨きは今のところ後ろのほうかなぁ…と。
だって、綺麗なボトルを眺めに来るお客サマって、ごく少数でしょ?
自己満足&店主だけ(ある意味どーでもいい。笑)のこだわりの域をあんまり出ないような。

とか言いながら、昨日は磨いてみたりしましたけどね。笑

2007.02.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | なんてない、独り言。

«  | HOME |  »

管理人『なごみつを。』

なごみつを

Author:なごみつを
和歌山市、福島にある
~居酒屋ちょっとBAR~
   【なごみ屋】です。
店主-みつを。が、
  想いのままに綴る
     『独り言』です。
  どうぞ、ヨロシク…
073-453-2292

お客様の、足跡。

2006年4月21日-13:00 ~踏み初め~

ドンドン踏んでね。 …踏み荒らし?は、 ご遠慮ください。笑

『暦~こよみ~』ですな。

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

つながり紹介!の、コーナー。

管理人、なごみつを。が、 つながりある (本人の思い込み、含む。) 面々を、 『勝手に』紹介。

このブログをリンクに追加する

いままで、綴ってきた『独り言』たち、です

過去の「独り言」を、覗いてやってください。 ↓クリック↓

全ての記事を表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。