スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

音楽~音を楽しむ、というスタイルの移り変わり。その四

さてさて…

なにやら勢い余って「その四」まできちゃったこのシリーズ。笑

今日こそは完結なるかっ?

…話は「巷には、色々な音楽が溢れている」というところでしたが。

楽しむカタチも「テープ」「レコード」「CD」「MD」…

色々ときましたが

最近は「メディア・プレイヤー(もうこの名前の時点で、既にオールマイティ過ぎる。笑)」って奴が現れ。

インターネットで世界中を流れる情報の中に「音楽」も溢れ・流れ出し…

■膨大な記憶容量のメディアに、ダウンロードして楽しむ

という。

もう、言うなれば「手当たり次第」なワケですよ。笑

ついこの前ではレンタルするにも実店舗に伺い、吟味して、借りて…楽しんで、返却する、と。

なのに!ダウンロードできちゃえば借りたワケじゃないから返却の必要もないし。

ここまでくると僕らのように「ネット音痴」には、どうやねん?って話がてんこ盛りです。

その音楽の著作権は?

そして、音の所有権は?

音楽を生み出し、それで生計立ててるヒトたちはどうなるんだろう?

…などと、心配なワケです。

もちろん

これってとっても余計な心配であり、

全く持って無力極まりないんですが。






オーディオ売り場に行けば…そういった「次世代オーディオ」が溢れ。

■うーん……便利やけど、これってどうなんやろう?

…これが、今回僕を全四回にわたって「語らせた」原動力なんです。

みなさんは、どう思われます?

○今日のひとこと 『生活に密着し、とっても身近ながら…素敵な才能がなければ生み出せない音楽という財産。…この無形の財にも値打ちがあるってコト、僕は決して忘れたくない』

スポンサーサイト

2008.02.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | おもひで話

音楽~音を楽しむスタイル。その参

なんだかこの

■音楽~音を楽しむスタイル

も、ついに「その参」まできちゃいました。

でも、オチなんか全く期待せずに読んでくださいねー。笑

…そう、音楽が

■気軽にレンタルできるようになった

って処でしたねー。

あれでまぁ、結構色々な音楽をリーズナブルに楽しめるようになり…

時期を同じくして

■カラオケBOXのブーム

がやって来ます。

この「BOX」ってのがミソで…

従来の、いわゆる『カラオケスナック』のように

お店のヒトや、仲間以外に聞かれる事がなくなって「自分達だけで楽しめる」

っていうのが気軽に色々なシーンで受け入れられ…

【カラオケを歌う、ために練習する】ってな音の楽しみも増えました。

世の中の、いわゆる「ヒットチャート」といわれるモノを騒がせるのも

この頃は歌モノ=POP(この定義はとっても曖昧ですが…ご容赦ください)が多く、

小室て○や氏、つ○く氏など、そういう「売れる音楽」を発表しまくるプロデューサーの出現。

…とともに、

「アンチ・ヒットチャート」(と、言いつつも、本当は「ヒット=メジャー入り」したがっていたりもする。笑)の最有力でもある

■インディーズ・シーンの立役者たち

や、

■個性を主張する、BAND・アーティストたち

が群雄割拠し…

世の中には、ありとあらゆるジャンル(この、ジャンルというものの意味すら明確でないままですが。笑)の音楽が溢れました。

良く言えば「よりどりみどり」

乱暴に言えば「なんでもあり」

オジサン的に言えば「今の子の聞く音楽は…ようワカラン。笑」

っていう時代ですね。

…と、本日もまた振り返れば相当な文字数になり。爆

明日にも続いちゃったりします。

○今日のひとこと 『当初、何をいわんとしていたか…既に曖昧ながら、こうなったら自分的にケリのつくところまで行ってやろう!と思う、今日この頃です。』

2008.01.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | おもひで話

音楽~音を楽しむスタイルの移り変わり。その弐

あぁ…

その弐、ですね。笑

昨日のダイアリーも、良かったら読んでやってくださいませ。

…で。

僕の子どものころ。

TV番組やアニメなんかの主題歌。

親父のテープレコーダー拝借しては

番組の始まる瞬間、スピーカーの前に陣取って

「おい!静かにしとけよ。…しゃべったら泣かすぞ!」と普段からおとなしい弟を無駄にビビらせながらREC(録音)していました。

いわゆる

■テープって、すげぇぜ!

な時代です。

しばらくしてTVのヘッドフォン端子とレコーダーをつなぐ「シールドコード」を手に入れてからは、弟を黙らせる必要もなく(というか、もともと弟はおとなしい奴でしたけど。笑)綺麗に録音できるようになり

■テープレコーダー、最高!

な感じです。

もちろん、当時でもアナログレコードは存在しましたし、音も良くカッコも良かったのですが…

「(価格が)高い。」ため、ガキには手が出ず。笑

オリジナルテープなんかつくっては、粋がってたわけです。

そんな折…

■CD(コンパクト・ディスク)

が登場。

デジタル!とか言われると、そりゃーなんだか憧れたわけですが…

当然、プレイヤーは高価だし、CD自体も結構なお値段で

「やっぱ、手が出ねぇよ。」ってのが現実。

…そこで。

金持ちでボンボン丸出しの友人が学校に「WALKMAN(これは、いわゆる商品名ですが、つまりはポータブル・カセット・プレイヤー)」持ってきてなにやら聞いてる。

しかも。

「これ、最近リリースされたCDから、録音したんよー」とか言ってる。

ふーん。

お金持ちは違うねー。

と思っていたら

「今日も【借りに行く】んやけど、オマエも来る?」

…?

借りる?



そうです。

■CDレンタル

ってサービスの開始!です。

当時…

CD買ったら3000円。

でも、借りたら300円。

ダビング用にカセット買っても総額500円ほどで聞きたい音源が手に入る!と。

まさに【音楽天国(パラダイス)】ですよ。

…ってな処ですが、次回にも続いちゃいます。笑

○今日のひとこと 『さくさくっ♪っと、音楽の話書こうと思ったけど…結構深いです』

2008.01.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | おもひで話

音楽~音を楽しむ、というスタイルの移り変わり。その壱

最近では、お店のBGMに

若干自分の好みを反映する程度になりましたが

■音楽って、ジャンル・好みの幅が広いからこそ、みんなの趣味になりうる

モノだ!という、持論に変わりはありません。

店主の場合…

幼い頃のTVアニメの主題歌に始まり

ゲームのMUSICにハマリ(この辺は、とってもマニアックな少年時代でした。笑)

そして、周りの女の子たちが聞いてる音楽に「なになに?…こんなん聞いて【いいなぁ○○は。】とか言うたほうがモテルんとちゃうか?」という、

いわゆるヨコシマな考えから歌謡曲・Rock・Pops…色々な音楽に触れてゆき。爆

パンク・ロックの持つシンプルで痛くて激しくて…そして優しいところに惹かれ、自らも楽器に触れ、BANDを組んで演奏したりして。

いきつくところ、50年代に多く生まれた「いわゆる、現代~およそ未来永劫、生まれくる新しい音楽たちのルーツ」であろう音楽たちに魅せられている、店主です。

まぁ…難しいことは全く判らんなりにも、色々な部分で生活に関わりあるのが「音楽だ」と思えるわけです。

こんな音楽も…時代とともにその楽しみ方が変わってきました。

それは…





って、焦らすわけではないですが

明日のダイアリーに続きます。笑

○今日のひとこと 『ルーツ、なんていうとヒトツしかないように思われるけど…人間ってそんな単純なもんじゃない、と思う。』

2008.01.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | おもひで話

1月17日、といえば。

阪神淡路の大震災のあった日ですね。
僕はこの日、和歌山の実家で
「…?…うわ!なんじゃこりゃ?!」
と、今思えば【騒ぐゆとり】がありました。
で、野次馬根性丸出し(失礼)で、TVをつけ…
当時大学3回生…いわゆる「おきらく学生さん」だった僕は
なんともノンキにパジャマ姿のままTVに向かい
「兵庫の後輩とか、友人たち無事かなぁ…いや、あいつらはきっと無事に違いない。」とかブツブツ言いつつ心配してるような、対岸の火事をみるような無責任な視線でブラウン管を眺めてました。(これまた失礼。しかし、ぶっちゃけそんな感覚でした。)
で、此処から思い出される僕の記憶は…
体育会-少林寺拳法部に所属し、当時幹部だった僕は、毎年年明け恒例の
■武道系倶楽部コンパ
説明しましょう。
…空手道、柔道、合気道、日本拳法、そして僕の所属する少林寺拳法の各部員で「全員集合!」してドンチャンする…他のお客サマからすると「エライ迷惑な」コンパ。爆
アチコチで『押忍!○○部○回生○○、一気にいただくでありますっ!』なんて感じで景気良く(ある意味無駄に大声で騒ぎつつ。苦笑)飲んだり、
『押忍!自分○○芸やるでありますっ!』などと一発芸(?)がはじまったり…
そんな、ワンパクかつ無茶苦茶な飲み会。

に出かけたものの…当然、兵庫方面で被害にあったり、その影響なんかで会場まで来ることすら「それどころじゃねーんだよ!」ってヒトたちの状況をみて会を中止。
会場もキャンセルして…せっかく集まったんだからと、友人たちとお茶して帰りました。
あれから、もうこんなに年月が経ったのか…と、ノスタルジックな僕。
当時21歳→現在33歳。
そりゃー、世の中の暮らしもスタイルも変わるよね。
僕も(いい方向へ)変わっていかないと…ね。

2007.01.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | おもひで話

«  | HOME |  »

管理人『なごみつを。』

なごみつを

Author:なごみつを
和歌山市、福島にある
~居酒屋ちょっとBAR~
   【なごみ屋】です。
店主-みつを。が、
  想いのままに綴る
     『独り言』です。
  どうぞ、ヨロシク…
073-453-2292

お客様の、足跡。

2006年4月21日-13:00 ~踏み初め~

ドンドン踏んでね。 …踏み荒らし?は、 ご遠慮ください。笑

『暦~こよみ~』ですな。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

つながり紹介!の、コーナー。

管理人、なごみつを。が、 つながりある (本人の思い込み、含む。) 面々を、 『勝手に』紹介。

このブログをリンクに追加する

いままで、綴ってきた『独り言』たち、です

過去の「独り言」を、覗いてやってください。 ↓クリック↓

全ての記事を表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。